サービス概要 | Net.CyberSecurity
低コストかつシンプルな脆弱性診断サービスです

自社Webサイトや社内LANシステムにどんなセキュリティリスクがあり、守るべきシステムや資産、データを特定することはセキュリティ対策の第一歩です。
システムにおける脆弱性を確認するためのテストを実施することで、問題点の把握と対策の検討を行うことができます。
とはいえ、多大なコストが掛かり専門知識も必要なことから、脆弱性診断を諦めていた企業は少なくありませんでした。
そこで、アライドテレシスでは、脆弱性診断サービスをクラウドサービス化することで、低コストかつシンプルな脆弱性診断サービスの提供を実現しました。

脆弱性診断サービスの概要

WebサーバーとLANシステムの脆弱性を手軽に診断
──Net.CyberSecurity

アライドテレシスのNet.CyberSecurity 脆弱性診断サービスは、クラウド上からWebサーバー向けに、さらに社内のサーバーやクライアント端末およびネットワーク機器などLANシステムにおける脆弱性診断を行うことができます。

特にLANシステムの診断は、手間がかかることが多い従来の脆弱性診断サービスとは異なり、お客様は社内ネットワークに「セキュリティボックス」と呼ぶ診断スキャナーをつなぐだけなので、低コストで簡単・シンプルです。診断結果もWebブラウザー上でわかりやすく可視化されるため、状況の把握が容易になり、必要な対策も素早く実施できるようになります。

クラウドサービス
クラウド上から診断の実行操作を行うため、ネットワーク環境の変更や特別なツールをインストールする必要はありません。

簡単診断
初期設定済みの「セキュリティボックス」を社内ネットワークにつなぐだけで診断できるため、セキュリティやネットワークの専門家が社内にいなくても実施可能です。

わかりやすい結果
診断結果の確認は、Webブラウザ上で表示されるお客様向け管理画面から簡単に行なえます。

アライドテレシスの脆弱性診断サービス

アライドテレシスの脆弱性診断サービスは「外部ネットワーク型」「内部ネットワーク型」2つのサービスにて、お客様システムの脆弱性を診断します。

net-cybersecurity_img01.png web lan

各サービスの説明をクリックすると、サービスの概要画面に移動します。